玄米食の落とし穴

健康・美容

玄米食の落とし穴

玄米は優れた栄養面から完全食とも言われていますが、実は玄米食には落とし穴もあります。
上手に玄米食を取り入れるための注意点をお伝えします。

玄米菜食で不足しがちな栄養素とは

玄米には人間に必要な栄養素のほとんどが含まれています。
しかし、動物性食品を一切とらずに玄米菜食を続けていると、不足しがちになる栄養素があります。それはビタミンB12です。
ビタミンB12 は葉酸とともに赤血球産生のサポートをする栄養素で、不足すると悪性貧血や神経障害をおこします。

ビタミンB12は基本的に、動物性食品(シジミ、赤貝、筋子、牛レバー、アサリ、イクラなど)からしか摂れないといわれていますが、実は焼きのりや青のりからも摂ることができます。

また、ビタミンB12の構成成分となるコバルトが不足しても貧血になります。コバルトは動物性食品なら牛レバー、うなぎの肝、アサリなどから摂れます。植物性食品なら納豆や大豆もやしなどです。

鉄の吸収をよくするために

貧血気味の方は、意識してミネラルを摂るようにしたり、鉄分をビタミンCと一緒にとって吸収率をアップさせるなどの工夫も必要です。
また、鉄のフライパンや鉄瓶などからも意外と鉄分を補給できるようです。

マクロビオテックでは、魚介類なら週に2~3回、肉・卵・乳製品なら月に数回程度、食べたければ食べてよいという考え方です。動物性食品は徐々に減らしていくのが理想ですが、くれぐれも無理をしないように、体と相談してすすめていくのがよいと思います。

消化不良に注意

玄米は外皮部分の糠層があるため硬く、消化しにくいです。やはりよく噛んで食べることが大切です。時にはおかゆにしたり、市販の玄米餅を食べたりするのも良いと思います。

最初は玄米を食べるのを1日1回にして、慣れてきたら徐々に増やすといいかもしれません。

玄米は、炊き方次第である程度はやわらかくなりますが、私の場合、玄米はどの炊き方でも胃腸に負担を感じるので、酵素玄米にして食べています。

玄米ダイエットを長続きさせるためには自分に合った食べ方を見つけるのが良いと思います。

玄米の体によくない成分

玄米は生きたお米なので、自己防衛的な物質が含まれています。それはアブシジン酸(ABA)という物質です。
アブシジン酸は細胞内のミトコンドリアに悪影響を与えると言われていますが、しっかり浸水・加熱することがポイントです。
また、酵素玄米のように発酵させてから食べるのもよさそうです。

1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ